博客首页  |  [bloggererica3]首页 
博客分类  >  其它
bloggererica3  >  未分类
思い出すのがツラそうだ

77828

  思い出すのがツラそうだ。

 

 肩を上下させて、浅い呼吸を繰り返す楽の背中をゆっくりと擦った。

 

「楽、もう――

 

 彼女は俺の言葉を遮るように、ブンブンと勢いよく首を振る。

 

 俺は、ただ、彼女の背中をゆっくりと擦るしかできない。

 

「お母さんは、救急車で意識を取り戻した時、お父さんの名前と連絡先を伝えて、私……のために……、私を助けるために、必要なら自分の身体を使ってくれって……言ってたって……。自分だって死にそうになってるのに……、私の手術の同意書にサインしたって……聞い…………――

 

「楽、もういい。もう、わかったから」

 

「私の身体中に、お母さんの皮膚が移植されたの。顔……も、あちこち骨折してたのを治してもらって、それから皮膚を移植したから、すっかり別人に……なっちゃ……った」

 

 楽の、playgroup 息苦しさが伝染する。

 

 俺まで、呼吸の仕方を忘れそうだ。

 

 胸が苦しくて、苦しくて、吐き気さえする。

 

 だけど、楽は俺なんかよりもっと苦しい。もっと、痛い。もっと――

 

「私の……意識がはっきりしないうちに、お母さんはお骨になって、お母さんの両親のお墓に入っちゃって、私はお父さんの籍に入れられてた。学校も退学になってたし、住んでたアパートも処分されてた。私が退院したのは事故から二か月後で、それでも安静が必要で、お父さんが用意したアパートでじっとしてた。監視兼お手伝いさんのおばさんと一緒に、二か月くらい。だから、やっと外に出られた時は、街にはイルミネーションの飾り付けがされてて、ビックリしちゃった」

 

 なんてことだ。

 

 楽が怪我と戦っていた四カ月もの間、俺が楽を探したのは一カ月だけ。たった一カ月で、楽の転校を知らされて、あっさり諦めた。

 

 

 

 連絡なんて……出来るはずがなかった――

 

 

 

『ひどい彼女だね』

 

 俺が早坂の話をした時、楽はそう言った。

 

『どんなに急でも、電話くらいできたはず』とも。

 

 どんな気持ちで言ったのだろう。

 

 連絡したくても出来なかった理由を説明するでもなく、俺を慰めるために自分を悪者にした。

 

 あの時の、楽の悲しそうな顔が思い浮かんだ。

 

 しかも俺は、追い打ちをかけるように言った。

 

『彼女に会いたい?』

 

 そう聞いた彼女に、『彼女の顔とかちゃんと覚えてるわけじゃないから、どこかですれ違っても気づかないと思う』と言った。

 

 楽はどんなに傷ついたろう。

 

 俺は、覚えているべきだった。

 

 ちゃんと、覚えているべきだったんだ。

 

 

 

 俺だけは――――

 

 

 

 俺は首を回し、部屋のドアを見つめた。

 

 十五年前、キスした場所。

 

 嬉しくて堪らなかった、キス。

 

 あの時、もっとキスをしていたら、何か変わっていただろうか。

 

 帰ろうとする彼女を、強引にでも引き止めたら、何か変わっていただろうか。

 

 

 

 抱き締めて離さずにいたら、何かが――――

 

 

 

 今更だ。

 

 そうしていても何も変わらなかったかもしれない。

 

 過去は変えられない。

 

 だから、悔やむのだ。

 

 

 

 もう、悔やみたくない。

 

 

 

「きみが生きていてくれて、良かった……

 

 一筋の涙が目尻から床に落ちた。

 

 

 どれくらい抱き合っていたか。

 

 互いの鼓動が同調し、半身を取り戻したように落ち着けた。

 

 階段上の、楽の部屋の前。

 

 ずっとこうしていたかったけれど、さすがに冷えて背中や腰が痛みだした。

 

 俺が身体を捩ると、楽がパッと起き上がった。

 

「ごめんなさい。身体、ツラいよね」

 

 涙は乾いていた。

 

 まだ、目は赤いが。

 

 俺は楽に支えられて身体を起こし、壁に寄りかかって座った。それから、彼女を足の間に引き寄せて、抱き締めた。

 

「事故の後のこと、聞いてもいい?」

 

 俺の胸に顔を埋め、彼女は小さく頷いた。

 

「退院する時、私たちと一緒に事故に遭ったおばあさんがいたことを知ったの。外出できるようになって、私はおばあさんを訪ねた。おばあさんの方が先に退院していたんだけど、お母さんを亡くした私を心配してくれて、連絡先を知らせてくれていたから。私が訪ねた時、おばあさんは着物姿で車椅子に乗っていたの。すごく、上品な雰囲気のおばあさん。私が名乗ると、元気になって良かったねと笑ってくれた」

 

 俺は、楽の頭を撫でながら、黙って聞いていた。

 

「そのおばあさんは――、私は『おばあちゃん』て呼んでいたんだけど、事故で左足を切断していたの。七十歳を過ぎていたから、義足に慣れるのは無理だろうって、車椅子生活をしていた。私は毎日のようにおばあちゃんに会いに行ったわ。おばあちゃんはとても親身に私を心配してくれて、自宅の空いている部屋を貸してくれたの。一人暮らしは寂しいだろう、って」

 

 
给本文章评分:
    留言:
留言簿(游客的留言需要审核后发表。请遵守基本道德。) >>