博客首页  |  [bloggererica3]首页 
博客分类  >  其它
bloggererica3  >  未分类
彼女が早口で

77827

  彼女が早口で、息継ぎもままならないほど早口で言った。それから、「はぁ」と音に出して大きく酸素を取り込んだ。

 

 噤んだ唇を噛み、不自然な速さで瞬きを繰り返し、その度に涙が頬に溢れ出す。

 

 訳が分からなくて、美股 交易 ムカついて、泣かせたいなんて思ったけれど、実際に泣かれるとツラかった。

 

 抱き締めたいのに、涙を拭いたいのに、身体が動かない。動ないけれど、諦めたくなかった。

 

 俺は彼女を見下ろしたまま、手摺りに手を伸ばした。右手で強く握り、自分の身体を引っ張り上げるように腕に力を込める。

 

――っま、まみやく――!」

 

 腰を浮かせた瞬間、右手が滑った。

 

 正確には、今の右手の力では自分の体重を支えられず、力が抜けた。

 

 尻が元の位置に着地すると同時に、勢いよくタックルされてひっくり返った。

 

「うわっ!」

 

 ゴンッと床に後頭部を打った。

 

 胸の上には、楽。

 

 両腕でがっちりと俺の腹に抱きついている。

 

 俺が階段から転げ落ちると思ったのだと思う。

 

 シャツが彼女の涙を吸収し、胸にしっとりと張りついた。

 

 俺は、彼女を抱き締めるでも、突き放すでもなく、両手をだらんと腰の横に伸ばしていた。

 

「この部屋で……キス……したよね」

 

 楽の言葉に、首を捻り、今は楽が使っている、元は俺が使っていた部屋に目を向けた。

 

「私ずっと……戻りたかった」

 楽は俺の胸に突っ伏したまま、顔を上げようとしない。

 

「あの日のキスの後に戻れたら、間宮くんのお母さんが誘ってくれた夜ご飯、断らない。あの日、間宮くんが一緒に帰ろうって言ってくれたの、断らない! そうしたら……、こんなことには――

 

 そうだ。

 

 俺の家に遊びに来た日、母さんとばあちゃんに早坂を取られて、俺は不貞腐れていた。二人に早坂を気に入ってもらえて嬉しかったのに、全然二人きりになれなくて。だから、見せたいものがある、なんてベタな理由をつけて彼女を部屋に連れて行った。

 

 俺が不貞腐れている理由に全く気が付かない早坂は、その理由を知って嬉しそうに笑った。その顔が可愛くて、俺はそっと彼女の唇に触れた。自分の唇で。

 

 そうしたら早坂は、今度は嬉しそうに泣いた。

 

 あの時は抱き締められた。

 

 涙を拭えた。

 

「好きだよ」と囁けた。

 

 母さんとばあちゃんは、早坂を晩ご飯に誘ったが、彼女は母親が帰って来るからと断った。

 

 その二日後、俺は早坂を誘ったが、彼女は母親と約束しているからと言った。「じゃあ、明日は?」と聞いた俺に、彼女は「うん」と頷いた。

 

 それが、俺が早坂を見た最後だった。

 

 俺は両腕を彼女の背中に回した。

 

 ギュッと、抱き締める。

 

「何があったんだよ」

 

……

 

「全部、話してくれ」

 

……

 

「頼むから。どんな話でも、受け止めるから」

……まみ……やく――

 

「どんな事情があったんだとしても、もう離さないから」

 

 縋る想いで、言った。

 

 偽りのない気持ちを、言った。

 

 絶対に貫くと決めた覚悟を、言った。

 

「事故に……遭って――

 

 楽が、言った。

 

「目覚めた時は、全身が包帯に巻かれてて、お母さんはお墓に入れられてて、私は……近江楽になってたの――

 

――え?」

 

 

 

 事故――

 

 

 

 俺の心拍数の変化に、楽は気づいたろう。

 

 彼女の頭がちょうど俺の心臓の真上にあるから仕方がない。

 

 腹の上の彼女の鼓動が急加速したことに俺も気づいたのだから、お互い様だ。

 

「学校で間宮くんと別れた後、お母さんと待ち合わせてご飯食べに行ったの。お母さん、ボーナスが入ったからって奮発してくれて、お寿司……食べたの。学校のこととか、進路のこととか話して、間宮くんのことも……話した。お母さんっ――、間宮くんに会いたいって……言って…………のに……

 

 震え、かすれていく楽の声。

 

 俺は、力の限り、彼女を抱き締めることしかできない。

 

「帰りに……トラックが歩道に――

 

 きつく抱き締めすぎて、腕も胸も痛い。

 

 楽はもっと痛いはずだ。

 

 それでも、彼女も同じように俺に腕を絡ませていた。しがみつくように。互いの熱を確かめ合うように。

 

「トラックは私たちをはねて、そばのお店のショーウインドウに突っ込んだの。お母さんは……手術中に亡くなって、私は全身にガラスが刺さったけれど命は助かって、顔の傷がひどくて……、時間が経てば治る程度じゃなくて……、それで……

 

给本文章评分:
    留言:
留言簿(游客的留言需要审核后发表。请遵守基本道德。) >>