博客首页  |  [bloggererica3]首页 
博客分类  >  其它
bloggererica3  >  未分类
"「……整列しよう。な?」  川野辺が一塁上で立ち上がれなかった仲間の肩を抱いた。ダブルプレーに"

77184

 "「……整列しよう。な?」

 
 川野辺が一塁上で立ち上がれなかった仲間の肩を抱いた。ダブルプレーに倒れた六番バッターは顔を両手で覆い、嗚咽しながら一人では歩くことができなかった。その肩を抱きながら kanken bag singapore sale みを溢す川野辺を球場全体が拍手で讃えた。
 
 両チームが整列すると、主審は両チームの一人一人の顔を見つめた。滋賀学院の大半は涙を止められず、下を向いていた。主審は異例の言葉を発した。
 
「滋賀学院高校諸君、前を向きなさい。君たちは素晴らしかった。両軍、素晴らしい試合を見せてくれた。両チームともこの試合を誇りに思ってほしい。……では、4対3にて、甲賀高校の勝ち!」
 
 ありがとうございましたーー!
 ありがとうございましたっ!!
 
 白烏と川原は固く手を握り合った。川原は泣いていた。泣きながらも先に川原が白烏を称えた。
 
「ナイスピッチング」
「いや、川原くんこそ。……彼は……霧隠くんは、大丈夫か?」
「ああ、病院に直行した。たぶん、大丈夫だと信じてる。……遠江を倒して、甲子園行ってくれ」
「ああ」
 
 道河原と西川も握手を交わしていた。
 
「勉強をさせてもらった。滋賀学院の分、必ず明日勝ってくる」
「ああ、応援している。頼むぞ」
 
 
 キャプテン同士、川野辺と副島はずっと固い握手を交わしていた。
 
「甲子園、行ってくれな」
「ああ、必ず。素晴らしい試合をありがとう。強かった」
「君たちの方が強かった。悔いはない」
「君のキャプテンシーは俺の理想や」
 
「ああ……ありがとう…」
 
 川野辺はそう言い終えると、膝から崩れ落ちた。
 
 もう、キャプテンではなくなるのだ。
 もう、あんなに目指した甲子園へは行けないのだ。
 もう、高校野球が終わったのだ。
 
 そう実感すると、涙が滝のように溢れ、足に力が入らなくなった。そのまま叫ぶように川野辺は泣いた。
 そっとずっと、副島がその背中をさすっていた。肩を抱くことはしなかった。副島は少しでも長く、川野辺をホームベースの近くに居させてあげたかった。"

 

 

 

 

 
给本文章评分:
    留言:
留言簿(游客的留言需要审核后发表。请遵守基本道德。) >>